キャッシング前に知る約定利率

融資を受けて利便性を高め、生活の急場をしのごうとしている人にとって、利率を知っておくことはとても重要です。 なぜなら、その金利によって返す金額も日程も大きく変化をしてしまうからです。 キャッシングなどの融資には、金利がつき物だということは、多くの方がご存知でしょう。 実は金利のなかには、大きく分けて2つに分かれています。 法定利率と約定利率という言葉があります。 法定利率とは、法律によって利率が決められています。 基本的には年間5パーセントとして、民法で決まっているので、それ以上利息を取られることはありません。 対して約定利率は、当事者同士が合意した上で契約するときに、利息を決めてから納得したうえで契約することになります。 基本的には法律で決められているよりも、当事者同士で決めて契約書を交わした時点で、その契約のほうが優先されますので、利息が高いこともあるのです。 ここまで見ると、どうしても利息がとんでもない暴利になるのではと不安に陥る方も多いでしょう。 実はそれを阻止するための法律もあります。 利息制限法が定められるまでは、かなり大きな利率となってしまうことも珍しくありませんでしたが、法律が定められたことによって、利息にある程度の上限が存在するようになりました。 おかげで、融資を受けるときには事前にどの会社でどんな約定を掲げているのかを明確にしている情報を、インターネットから確認しておくことが重要となります。

豆知識お役立ち参考サイトはコチラ:モビット申し込み