税金の負担を減らせる特定扶養控除

国民には納税という大切な義務があり、所得税や法人税、固定資産税などの税金を納税しています。 配偶者のおられる男性の方は、女性のパート収入が103万円以下の場合は扶養控除を受けられるため、税金による負担を減らすことができます。 お子様が小学生や中学生の間は義務教育を受けられるので、教育費を抑えることができますが、高校や大学に進学をすると教育費がかさみがちです。 特定扶養控除とは、16歳以上から23歳に満たない年齢のお子様がおられるご家庭は、税金による負担を減らすことが可能になります。 特定扶養控除では、所得税や法人税の負担を減らすことが出来ますが、収入に応じて控除額が違ってくるので注意をするようにしましょう。 お子様が16歳から23歳未満でも、アルバイトなどでまとまった収入があると控除を受けられなくなる場合もあります。 高齢者や身体障害者と同居をしている場合でも控除額が大きくなるので、特定扶養控除について正しい知識を身に付けておくことが大切です。 年末調整で控除を受けることで家計を見直すことが出来ますし、債務がある場合でも返済計画が立てやすくなります。 高校や大学にお子様を進学させたいと希望している親御さんがほとんどでしょう。 税金が一定額控除されるので、家計の負担を大幅に減らせるようになります。 大切なお子様に、しっかりとした教育を付けてあげることが出来るので、上手く利用して家計をやりくりするようにしたいものです。

豆知識お役立ち参考サイトはコチラ:土曜日キャッシング