リボ払いの新規利用残高とは

新規利用残高とは消費者金融から新規に受けた融資について返済額を計算するために残高を確定することです。 消費者金融からお金を借りた時の返済方式には「元利均等返済方式」「元金均等返済方式」「リボルビング払い方式」などがありますが、新規利用残高はリボ払いの返済額を確定するために必要となります。 現在、多くの消費者金融で採用されているリボルビング払い方式による返済方式には「定額リボルビング方式」「定率リボルビング方式」「残高スライドリボルビング方式」の3つの種類があります。 このうち定額方式リボ払いの場合には月々の返済額が一定なので返済額を計算する必要はありません。 一方、定率方式リボ払いや残高スライドリボルビング方式の場合には残高に応じて返済額が変動するため、返済額を確定するために、ある時期に残高を確定する必要があります。 この時に確定されるのが新規利用残高ということになります。 同じリボ払いであっても上記の3つの方法のどれを選ぶかによって毎月の返済額や元金部分の減り方が変わってくるので、自分に合った方式を選ぶことが重要になります。 具体的には定額リボルビング方式の場合には毎月の返済額が一定になるため債務管理が簡単になる反面、大きな額の借り入れをすると返済額が長期化して支払う利息が増えてしまいます。 一方、定率リボルビング方式や残高スライドリボルビング方式では残高の多い初期では毎月の支払い額が大きくなってしまいますが、比較的短期間に借り入れを返済することが可能です。 それぞれの特徴をしっかりと把握した上で返済方式を選択するようにしましょう。

豆知識お役立ち参考サイトはコチラ:100万円キャッシング