住宅ローン控除を知って賢く利用しよう

昨年に総理大臣から正式に消費税を5パーセントから8パーセントに上げるという表明があり、これを聞いた国民が高価な商品を消費税が上がる前に購入しようと考えるのは当然の事です。 さて高価な買い物と言っても色々あり、家庭電気製品の冷蔵庫や液晶大型テレビやエアコン等も来年度以降に購入すれば当然消費税3パーセント分の影響を受ける事になります。 それでは、マンションの購入や家を新築するのは消費税が上がる来年度以降が良いのか、それとも来年度以降でも良いのかという特集が組まれました。 何故ならばマンションや住宅は、家庭電気製品等とは異なり住宅ローンの控除が来年度から最大200万円から400万円に引き上げられるからです。 この400万円という数字は最大10年間のローンの返済猶予を獲得出来るからで、これはマンションや住宅を購入しようと考えている人には大きな魅力となります。 つまり住宅ローンを利用してある一定の要件に該当すれば、住宅ローンという借り入れたお金を所得税から控除出来るわけですから、事実上の「割引き」がなされるという訳です。 これを一般に住宅ローン控除と呼びます。 住宅ローン控除はどの様な場合でも適用される訳ではなく、次の要件(抜粋)にマッチする必要があります。 その一・マンションや住宅や土地等を購入後半年以内に居住して、住宅ローン控除を受ける年の12月31日迄、継続して住み続けている事が必要になります。 その二・収入の合計が控除を受ける年に、3000万円以下でなければなりません。 その三・謄本等に該当する証明書において、記される家屋の専有する免責が50平方メートル以上であり、かつ床面積の半分以上が自らが日常生活を営む場所である事が要求されるのです。 その四・分割して返済する為の借りたお金が10年以上に渡り、存在することです。

豆知識お役立ち参考サイトはコチラ:70万円キャッシング