キャッシング借入限度額と利用限度額って何

キャッシングには、借入限度額または利用限度額というものが決められています。 言葉は違いますが、どちらも同じ内容です。 例えば、借入限度額が30万円と決められている場合は、30万円以内で借り入れをしていくことになります。 借り入れが30万円に到達した時点で、そのキャッシングは利用できません。 ただし、そこから返済をすれば限度額の枠が増えて、再度、その枠分を借り入れすることができます。 要するに、限度額30万円から10万円を借りれば、残りは20万円まで借り入れすることが可能です。 ただし、借り入れした10万円から3万円を返済したとしたら、残りは23万円まで限度額を持ち直して借り入れできるということになります。 借り入れをしても、きちんと返済をしていくことで延々と継続的に利用できるというのがキャッシングの大きな特徴です。 ただ、この限度額は自分の希望を通せるものではありません。 返済能力と総量規制の制限に応じてキャッシング会社が、このくらいなら融資できるという額が限度額になります。 その基準も各社で変わるので、同じ条件でもA社では限度額30万円だけど、B社では限度額40万円までいけることもあるでしょう。 ちなみに、限度額が少ないな・・・と思っても、正しく借り入れを利用していけば限度額は増額してもらうこともできます。 時が来ればキャッシング会社のほうから増額の連絡がもらえますが、自らキャッシング会社に増額申請することも可能です。

豆知識お役立ち参考サイトはコチラ:80万円キャッシング