返済できなくなる債務不履行とは

債務不履行とは、債務を履行しないことを指します。 債務とは、広い意味では誰かに対して何かをしなければならない義務のことを指すのですが、狭い意味では金銭的な意味で用いられる事が多いです。 つまり、お金を支払わなければならない義務や、あるいは借りたお金を返さなければならない義務のことを指すと考えておくのが良いです。 借金と同じ意味で用いられる事もあります。 このような義務を果たすためには期限が定められることが多く、この期限を守ることができない場合にも該当します。 これを履行遅延と呼ぶ事もありますし、単に遅延と呼ぶ事もあります。 お金を借りた場合には、いつまでに返済しなければならないという期限を定めるのが一般的ですが、これが遅れた場合にも履行遅延となります。 金融機関は貸し付けを行う時点で債務不履行になるということを想定していることが多いです。 もしも返済されなかったときには損失へとつながりますから、それをカバーすることが必要となってきます。 カバーすると言っても、収入は利息収入しかありませんから、他の貸し付けでカバーすることになります。 ですから、債務不履行が起こりやすいと判断される場合には、金利を高くして利息を多く取るのが基本となってきます。 これを判断するためのものが審査で、審査によってどれくらいの金利で借りる事ができるのかが決定されます。 もしも遅延が生じた場合には、それをカバーするためのものとして遅延損害金を支払う事が契約で定められるのが一般的です。

豆知識お役立ち参考サイトはコチラ:5万円キャッシング